感染症

猫のヘルペスウイルスの症状や治療法は?うつる病気?多頭飼いはどうしたらいい?

投稿日:

 

「愛猫がヘルペスウイルスに感染してしまったんだけどどういう病気?」

「ヘルペスウイルスって他の猫にもうつるの?多頭飼いしている場合ってどうしたらいいの?」

なんて疑問はありませんか?

猫ヘルペスウイルス感染症とは、猫ヘルペスウイルス(Feline herpesvirus-1)の感染によっておこる上部呼吸器感染症です。
鼻炎と結膜炎を主徴とする上部気道炎をおこすため、「猫ウイルス性鼻気管炎:びきかんえん(Feline viral rhinotracheitis; FVR)」ともいいます。
同じように呼吸器に症状を起こす猫カリシウイルス感染症と重複感染をおこすことが多く、似た症状をおこすことから併せて「猫風邪」とも呼ばれています。
ヘルペスウイルスという名前はご存知の方も多いかと思いますが、猫の鼻水や目やにの主な原因だという事はあまり知られていません。
猫ヘルペス感染症とはどういう病気なのか詳しく解説していきます。

ヘルペスウイルスは猫以外にもうつるの?

全てのネコ科動物が猫ヘルペスウイルス1型に対する感受性を持っており、ライオンやチーターにも感染するとされています。

ヘルペスウイルスは人間にもうつるの?

ヘルペスウイルス自体は人間にも感染しますが、猫と人間は感染するヘルペスウイルスの型が違うため、猫のヘルペスウイルスが人へと感染することはありません。

ヘルペスウイルスの潜伏期間(感染してから症状が発症するまでの期間)

2~10日程度です。

ヘルペスウイルスの感染経路

感染猫のくしゃみや飛び散った唾液の接触により感染します。
グルーミングや、感染している猫の使った食器や飲み水を使うことによっても感染します。
胎盤を介した母子感染はしないのですが、出産後グルーミングを通して母猫から子猫へと容易にウイルスが感染してしまいます。
同じ母猫から生まれた兄弟姉妹猫の間で、ウイルスが急速に蔓延してしまうのはそのためです。
ウイルスの排泄は感染後24時間後から始まり、約1~3週間続きます。

ヘルペスウイルスの症状は?

一般的な風邪症状である、鼻水やくしゃみ、咳や発熱、食欲低下が見られます。
細菌感染を伴うことが多く、鼻水や目やにが膿性になることもよくあります。
ヘルペス性皮膚炎では、鼻の穴付近の皮膚がただれることもあります。
目やに、涙、角膜炎、角膜潰瘍や結膜炎など、特に目に症状が強く現れるのがヘルペスウイルスの一番の特徴です。
ときには、ウイルスが角膜の最も外側の上皮層で活発に増え、樹木の枝のようにみえる、特徴的な潰瘍性樹枝状角膜炎(かいようせいじゅしじょうかくまくえん)が見られる事があります。
猫ヘルペスウイルスによる慢性の角膜潰瘍、角膜炎が繰り返し起こると、黒色から焦げ茶色に変色して「湿ったカサブタ」のように変化した角膜実質の壊死組織が角膜に付着し、その周囲の強い炎症や痛みなど、特徴的な症状を引き起こす難治性の角膜疾患である「角膜黒色壊死症」を発症することもあります。
ときに、正常な角膜も一緒にはがれ、目に穴が開き、中の水が出てしまい失明してしまうこともあります。
ヘルペスウイルスに感染した猫では慢性の副鼻腔炎を発症することも多いです。
子猫の場合、肺炎やウイルス血症を引き起こし、重篤化し死に至るケースもあるので注意が必要です。
呼吸器および眼の症状も成猫に比べ、とにかく重症で、二次的な細菌感染を伴う角膜分離症が見られます。

ヘルペスウイルスの治療は?

症状(くしゃみや鼻水、脱水など)に対する対症療法が治療の基本となります。

食事管理

鼻でにおいを嗅ぐことができなくなると、猫は食事を取ることができなくなります。
免疫力の向上のために十分な栄養補給が必要ですので、食事をあたためて、においを強くしてあげたりする工夫が必要です。
それでも食べられない場合は、強制的に口に入れて食事を取らせる「強制給仕」が必要になります。

投薬

二次感染を予防するために抗生物質や消炎剤を投与します。

目薬・点鼻薬

抗ウイルス薬やインターフェロンの点眼・点鼻薬を行います。

猫インターフェロン

インターフェロンとは、ウイルスに感染した際にウイルスの増殖を抑えるために体内で作られるタンパク質の一種で、抗ウイルス作用、抗腫瘍作用、免疫増強作用があります。
本来は自分の体内で作り出すのですが、ウイルスが増殖しすぎて、体内で作られているインターフェロンだけでは足りなくなった場合に、身体の外からインターフェロンを注射することで、ウイルスの増殖を抑えることができます。
全身投与の他点眼や点鼻薬でも用いられます。

抗ウイルス薬:ファムビル

経口の抗ウイルス薬です。
抗ウイルス薬による治療は非常に効果的ですが、一般的に費用が高く、さらに3か月程度の長い期間がかかるため、コスト面での問題があります。

ネブライザー(噴霧療法)

消炎剤や粘液溶解剤などの薬液を霧状にして吸入する治療法です。
気道に湿気や薬液を直接投与することができ非常に有効です。
猫の場合は、口にマスクをあてておとなしく10分程度薬剤を吸うことは難しいので、ある程度密閉されたケージに入り、猫のいる空間ごとネブライジングする方法が一般的です。

上記の治療をその時々の重症度で組み合わせることで、より高い治療効果を発揮することができます。

ヘルペスウイルスの治療期間は?

通常は早ければ数日、遅くても2週間以内に回復することが多いです。

キャリア

症状が回復した猫の約80%は、ウイルスが脳内の三叉神経内に潜伏し続け、生涯にわたりウイルスを保持する「キャリア」という状態になります。
ストレスや加齢、免疫抑制剤などの薬剤の投与で免疫が低下すると、ウイルスが神経を下降し、扁桃腺、結膜、鼻粘膜、角膜上皮細胞などで再び増殖を始め、症状の再発や感染源となります。
一見健康な猫でもすぐに感染源となってしまうため、病気が容易に蔓延してしまうのがこの病気の特徴です。

ヘルペスウイルスの予防について

ワクチン

猫ヘルペスウイルス感染症は、一度感染してしまうとキャリアになり、厄介な病気ですが、ワクチン接種により予防することができます。
生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。
猫では猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス)、猫カリシウイルス感染症と合わせて、全ての猫に対して接種することを推奨している「コアワクチン」とされています。
猫ヘルペスウイルスには、いくつか種類あるので絶対に感染しないとは言い切れませんが、ワクチンを接種することで、感染しても症状を軽く抑えることができます。

ワクチン接種のタイミング

生後9週目、12週目で接種を行い、1年後に追接種を行います。
感染の危険性がある猫は毎年の追加接種が理想的とされています。

ヘルペスウイルスで飼い主が気を付ける事

感染した猫を触った人間が他の猫を触ることでも発症しますので、野良猫を始めとする他の猫を触ったら、飼っている猫を触る前に、必ず手を洗う習慣をつけることが重要です。

ヘルペスウイルスは消毒で死滅させる

猫ヘルペスウイルスは市販されている多くの消毒薬や洗剤で容易に死滅することができます。
37℃であれば3時間、56℃では5分で失活します。
4℃であれば最低でも5か月間は感染力を維持し、25℃であれば1か月間感染力が持続します。
このため冬の期間は感染しやすいといえます。

多頭飼育のリスクや対処法

ヘルペスウイルス感染症は、同じ空間にいる猫の4%がウイルスを排泄している場合、1週間後には50%の猫がウイルスを排泄するようになるという報告があるくらい非常に感染率の高い感染症です。
多頭飼育では同じ空間にいる猫が一斉に感染してしまうリスクが非常に高いです。
多頭飼育などのリスクが高い場合は、毎年ワクチンを接種することを強くお勧めします。
感染した猫と健康な猫はとにかく隔離することが重要です。
キャリア猫とも本来は別の環境で飼育することが一番良いのですが、もし難しい場合は、キャリア猫が発症しないように、ストレスの軽減や飼育環境を快適にすることが重要です。
授乳や新しい環境への移動もストレスになりますので、妊娠や引っ越しなども注意が必要です。
また,猫ヘルペスウイルス感染症は幼若な猫で重篤であることから,特に幼若期の猫を他の猫から隔離することも有効です。

さいごに

猫ヘルペスウイルス感染症は、回復してもキャリアになり、簡単に再発して感染源になる厄介な病気です。
感染させないことが最も重要ですので、感染源の猫との接触を避けるため、室内飼いを徹底しましょう。
もし感染してしまった場合は発症させないように常日頃から免疫力が低下しないように猫が快適な環境で過ごせるように心がけてあげてくださいね。
子猫の場合は非常に症状が重篤になりますし、目やになどを放っておくと視力に影響が出ることもありますので、様子を見ずに早めに動物病院で治療を受けてくださいね。





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-感染症
-, , , , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.