脳・脊髄・神経の病気

猫のホルネル症候群ってどんな病気?原因や症状や治療法とは?

投稿日:

 

ふと猫の顔を見て、なにか違和感を感じた時、よく見てみたら左右の目の大きさが違っていたり、目の内側から白い膜のようなものが出ていたという事はありませんか?

片方の黒目はまんまるなのに、もう片方の黒目は糸のように細くなっていたら、それはホルネル症候群の可能性があります。

ホルネル症候群という言葉自体初めて聞く方が多いかもしれませんね。

猫に何が起こっているのでしょう?

どうしたらいいのか、治療が必要なのか、治るのか?解説していきますね。

猫のホルネル症候群とは?

間脳の視床下部という場所から眼球まで走行する頸部交感神経路に異常が生じて、眼とその周りのまぶたなどを支配している交感神経が麻痺する事によって特徴的な症状が出る病気です。
症候群という名前がついている通り、ホルネル症候群という病気があるわけではなく、発生している症状の総称で、この症候群を起こす原因の病気が元に存在しています。
ホーナー症候群とも呼ばれます。

交感神経の役割

交感神経は、ハラハラドキドキ神経とも呼ばれており、驚いたり緊張した時にでる症状を司っています。
瞳孔を開いたり、発汗を促したり、血圧を上昇させたり、気管支を拡張したりなどの役割を担っています。
活発に活動している時に働く神経ですので、「昼の神経」とも呼ばれます。
反対の作用を起こす神経に、副交感神経、いわゆる「夜の神経」と呼ばれる神経があり、この2つがシーソーのようにバランスを保つことで体の機能を維持しています。

猫のホルネル症候群の症状

ホルネル症候群はこの交感神経の働きが妨げられることで症状が発生します。
主に眼に症状が表れることが多く、瞳孔が小さくなる「縮瞳(しゅくどう)」や、まぶたが垂れ下がる、瞬膜(しゅんまく:猫の目頭寄りのまぶたの内側にある薄い膜で、猫の第3のまぶたとも呼ばれている)の突出、軽度の眼球陥没などが見られます。
これらの症状から、眼を細めて開きにくそうな様子に見えます。
症状は多くの場合、片側にだけ表れます。

猫のホルネル症候群の原因

様々な原因により、眼を司っているどこかしらの交感神経経路が遮断される事によって発生します。
頚部交換神経は視床下部から眼球までを走行しており、そのルートは脳から脊髄を下って胸まで行き、首の頚動脈に沿って頭の方へ戻り、眼まで到着します。
どこの部位が傷つけられるかによって、現れる症状も変わってきます。
交感神経経路は大きく分けて以下の3つにわかれています。

視床下部から脊髄までの中枢性障害

脳幹の病変

脳幹の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には、外傷、腫瘍、炎症などです。
この場合、症状が出ている側と同側の筋肉にも何かしらの異常が現れます。
原因としては多くはありません。

脊髄から頭頸部神経節までの節前性障害

頚髄の病変

脊髄の頚部に相当する「頚髄(けいずい)」の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には椎間板ヘルニア、腫瘍、繊維軟骨塞栓症(せんいなんこつそくせんしょう)などです。
この場合、症状が出ている側と同側の筋肉にも麻痺が現れます。

胸髄の病変

脊髄の胸部に相当する「胸髄(きょうずい)」の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には、椎間板ヘルニア、腫瘍、繊維軟骨塞栓症、腕神経叢(わんしんけいそう)の外傷、神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)などです。
猫ではリンパ腫によって胸部に病変が生じた結果、起こることもあります。
症状が出ている側と同側の前足にも麻痺や知覚障害が現れるのが特徴です。

交感神経幹の病変

首のあたりにある交感神経の中継地点の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には外傷、縦隔腫瘍、首や胸の手術に伴う医療ミスなどです。
犬の場合はチョークチェーンの絞めすぎなどで起こることもあります。

頭頸部神経節から眼とその周辺までの節後性障害

猫ではこちらの経路の損傷が原因として一番多いです。

中耳の病変

中耳の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には、外傷、腫瘍、中耳炎、内耳炎、鼻咽頭ポリープなどです。
この場合、症状が出ている側と同側の顔面筋や、前庭神経にも障害が現れます。
中耳炎の場合は耳をひっかく動作をしたり、顔を左右にふったりする動作をすることもあります。
耳の中から化膿した液体が出ていることもあります。

眼球後部の病変

眼球後部の病変がホルネル症候群を引き起こすことがあります。
具体的には、外傷、腫瘍、膿瘍などです。
この場合、症状が出ている側と同側の各種脳神経(2~6)にも障害が出ることがあります。

原因不明

実はホルネル症候群の原因は多くの場合不明なことが多く、「特発性(とくはつせい)ホルネル症候群」と呼ばれます。
猫における割合は45%程度と言われています。

猫のホルネル症候群の検査

ホルネル症候群を起こしている原因となる基礎疾患を見つけるための検査です。

身体検査

外耳炎や首の痛み、歩行異常などの有無を確認します。

眼科検査

眼底検査、眼圧測定、眼科一般検査、スリットランプ検査、眼球周囲の検査に超音波検査を行うこともあります。

神経学的検査

病変の位置を確定するためにホルネル症候群以外の神経症状がないか検査します。

耳鏡検査

外耳炎の有無を確認します。

レントゲン検査

頭部、胸部、脊髄を検査するために行います。

CT・MRI検査

ホルネル症候群以外の神経症状があったり、その他の症状の進行が見られる場合に必要です。
脳幹部や眼球周囲、中耳の検査に用います。

薬理学的検査

検査用点眼薬を使用し、患眼の散瞳時間によって、おおまかに神経のどの部分が障害されているのか調べます。

猫のホルネル症候群の治療方法

基礎疾患の治療

原因を特定し、それに合わせて治療を行います。
外耳炎であれば、外耳道を洗浄して軟膏や抗炎症剤などの投与や、ダニの駆除などを行います。
腫瘍や重度の椎間板ヘルニアであれば、外科手術を行う場合もあります。

経過観察

ホルネル症候群の原因がわからず、「特発性(とくはつせい)」という診断がついた場合は、何もせずに経過観察を行います。
多くの場合時間の経過とともに回復しますが、長ければ元の状態に戻るまで4ヶ月以上かかることもあります。

猫のホルネル症候群の予防

ホルネル症候群を事前に予防するのは非常に難しいですが、事故での頚椎損傷を防ぐために室内飼育にしたり、原因として多い外耳炎などを防ぐために定期的に耳掃除やダニの駆除を行ったり、清潔な飼育環境を整えることが予防策です。

さいごに

ホルネル症候群は片側だけ眼に異常が出ることが多く、とても特徴的な見た目になるため比較的早期に気付くことができる病気です。
日頃からコミュニケーションをしっかりとり、猫の異常に早く気付いてあげてください。
特発性の場合は、時間はかかりますが、特に治療を行わなくても完治するケースが多いです。
では、しばらく病院に行かなくてもいいかな?と思うかもしれませんが、原因の病気があり、それが原因で症状が発生している場合は、様子を見ている間にどんどん病状が進行して取り返しのつかない状況になってしまう可能性もあります。
ホルネル症候群の見た目の異常に気付いたらすみやかに病院を受診してください。
その際、食欲や元気があるか、嘔吐はないか、歩き方に異常はないか、耳を気にする動作はないかなども注意してみてあげてください。
獣医師がどの検査が必要かを判断する大きな手助けになります。





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-脳・脊髄・神経の病気
-, , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.