消化器の病気

猫が便秘で吐く場合の原因は何?病気のサインなの?

投稿日:

猫が吐く原因には様々なものがありますが、その中のひとつが便秘です。

吐くほどの便秘って想像しただけでも苦しそうですよね。

猫は元々嘔吐しやすい動物なので、便秘でお腹に力を入れたりしただけで吐くこともありますが、中には病気が隠れていることもあるので、軽く見てはいけません。

猫が便秘で嘔吐する理由や原因、治療法に併せて自宅でできる対処方法をご紹介します。

便秘の定義

そもそも猫の便秘とは、どのくらい便がでないことをいうのでしょうか?
健康な猫の場合では1日に1.2回は排便するのが普通です。
個体差もありますが、2日間以上便が出ない時は便秘と判断してもよいでしょう。

便秘になる原因

便秘は様々な要因が絡み合って発生します。

便が硬すぎる

結腸は水分を再吸収する仕組みがあるので、あまりにも長い間便がとどまっていると便の水分を吸収してしまい便がカチカチに固くなってしまいます。
すると、猫は排便時に力みすぎて吐いてしまうのです。
猫は元々あまり水分を摂らない動物ですので、腸内で便が硬くなりすぎることがよくあります。
水分不足の他には毛玉、異物の誤飲が原因でもなります。
繊維質が多いフードを食べている時にも注意が必要です。

排便する時に痛みがある

あまりに便が大きかったり硬かったり、肛門の周辺や直腸の中に異物があったり、骨盤、後ろ足の骨折、腫瘍、脱肛などが原因で、痛みがあるために排便ができず、便秘になることがあります。
また、腰痛で力む際に痛みが出たり、お腹に炎症があり力を入れると痛みがでていることもあります。
様子を見すぎると手遅れになる場合もありますので注意が必要です。

筋力の低下

高齢猫になると腸の蠕動運動が弱まったり、運動不足が原因となって筋力が低下し、便秘になることが多く見られます。
腹筋が強化されれば便を押し出す力が強くなりますし、消化器官をコントロールする自律神経を整える効果もあります。

薬の影響

医原性便秘(いげんせいべんぴ)といわれています。
鎮痛剤やスクラルファート、抗コリン剤、制酸剤、利尿剤、硝酸バリウム、抗ヒスタミン剤などの副作用で便秘になっている場合です。

その他

巨大結腸症、低カリウム血症、低カルシウム血症、甲状腺機能低下症などの病気が原因になることもあります。

結腸閉鎖

結腸に腫瘍やポリープがあったり、会陰ヘルニア、直腸憩室によって、結腸を便が通れず、便秘になることもあります。

ストレス

環境の変化や多頭飼い、トイレの状態、トイレの変更、トイレをしている時に嫌なことがあった、など何らかのストレスが原因で便秘になっている状態です。
自律神経が腸の運動を司っているのでストレスの影響を受けやすいのです。
人間でもストレスがかかるとお腹を壊したり、旅行に行くと便秘になったりすることがありますよね。
猫は元々が嘔吐しやすい動物なので、腸の動きが悪いと便秘になるし、胃の動きが悪いとすぐに吐いてしまいます。
ストレスが強いと膵炎になってしまうこともあるので、猫が何にストレスを感じるのかよく観察してあげてください。

骨盤の変形

老猫だったり、事故などで骨盤の形が変形すると便が通りにくくなるため便秘になることがあります。

遺伝

しっぽが短い種の猫(マンクスなど)に仙骨・尾骨が先天的に奇形の場合があり、骨盤周辺の神経に不具合がおこり便秘になることがあります。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

猫の便秘の原因は何?解消法は?何日までなら問題ないの?

便秘の時の症状

・何度もトイレに出入りするが、何も出ない
・食欲、元気がなくなる
・トイレの周囲をうろついたり、長時間トイレにこもる
・急に走りまわる
・細い便、コロコロした硬そうな小さい便が少しだけ出る
・トイレで力んだ時に吐く
・食べた量と比べ便の量が少ない
・吐き気がある
・唾液が出て、口をクチャクチャさせる
・お腹を触ると嫌がる
・トイレで力んだ時に大声で鳴く

上記の様な行動や症状が3日以上継続する場合には、早いうちに病院に連れて行くようにしましょう。

便秘の時に吐く理由

便秘により消化したものが進まず、腸の動きが鈍くなるために、胃の内容物が降りていかないからです。
また、排便しようと力みすぎて、貧血を起こして吐く場合もあります。
他には、消化物が排泄されないことで腸内にガスが溜まり、有害な物質を身体に吸収してしまい気持ちが悪くなって嘔吐することもあります。
また、便秘が酷くなるとトイレに行かない時でも吐いたり、食欲不振になります。
更には衰弱してしまったり、免疫力の低下につながる場合もあります。
体力の消耗にもつながるので、できるだけ便秘に気づいたら早いうちに対処してあげてください。

便秘になりやすい猫とは?

高齢の猫

10歳以上の高齢の場合に多く見られ、筋力の低下や骨盤の変形などで便秘が起こりやすくなります。

長毛種の猫

グルーミングで毛を飲み込むことが多く、便が固くなりやすいです。

小食・偏食なネコ

ドライフード嫌いでウエットタイプのフードやささみをメインで食べている猫の場合食物繊維不足から便秘になりやすいです。

水をあまり飲まない猫

便が腸の中で硬くなりすぎて便秘になります

肥満気味の猫

運動不足などで便秘の原因になります

骨盤が変形している猫

事故などで骨盤が変形している場合には便秘になりやすいです。

便秘の治療方法~自宅での応急処置編~

一度肛門のところに詰まっている便を出さない事にはなかなか便秘は解消されません。
便秘で嘔吐までしていたら、病院で何らかの処置を受けたほうが良いでしょう。
病院にかかるまでの応急処置をご紹介します。

フードを変える

猫が、元気だけど便秘で嘔吐している場合、ごはんが合わないということがあります。
繊維質が多いフードを食べている時は便秘になりやすいので、違うたんぱく質を使っているフードや消化器用のフードに変えてみましょう。

便秘に効果的なツボやマッサージをする

人間も便秘の時によくマッサージをしますが、猫もマッサージが効果的です。
ツボも人間と同じ場所にあります。

気海(きかい)

おへそから指2本分下にあるツボです。
2本の指の腹で、ひらがなの「の」の字を書くように優しくマッサージします。

合谷(ごうこく)

前足の第1指と第2指の骨と骨が交差した、水かき部分にあるツボです。
親指で足裏に向かって指圧します。

毛玉対策をする

猫はグルーミングをして、この毛で、稀に胃や腸に溜まってしまったり、毛が便を巻き込むことで、便が固くなり、便秘になってしまうことがあります。
胃に溜まると嘔吐が症状として見られることが多いので、毛玉を便と一緒に上手く排出するサプリメントや食物繊維で毛を絡めとってくれるフードを使用すると改善します。
また、飲み込む毛自体を減らすためにブラッシングをしてあげることも大変効果があります。
ブラッシングは、便秘対策だけでなく、血行がよくなり免疫力がアップしたり、皮膚病の防止にもなりますので、長毛種に限らず、是非やってあげてください。

乳酸菌を与える

腸内の細菌叢を整えるのも有効です。
人間の医療でも、胃腸疾患だけでなく、アトピーや花粉症、免疫力増進にも効果があるとして注目されています。
胃腸に善玉菌を増やすことで有毒物質の産生を少なくし、胃腸の動きも整えます。
たまにお腹が緩くなる猫がいるので、量は様子を見て調節しましょう。

新鮮な水分を与える

猫は砂漠の動物なので、犬に比べるともともと水を飲む量が少ないです。
さらに、ドライフードを食べている場合には、より水分不足に陥ります。
特に寒い時期になると、飲水量は一気に減りますので、余計に尿と便が濃くなるため、冬場は泌尿器の病気や便秘が多くなります。
お皿や温度、水飲み場をふやす、流れる水を利用する、フードに水分を混ぜる、ウェットフードを与えるなど方法は沢山ありますので、工夫してみてください。

便秘の治療方法~病院編~

輸液

猫が脱水症状に陥らないよう、また、便にまで水分が回るように点滴や皮下点滴によって水分を補います。

浣腸(用手排便)

肛門から温水(生理食塩水)を注入して便を柔らかくし、指や手で結腸内の内容物を強制的に排出します。

下剤

動物用の下剤を用いて排便を促します。
具体的にはワセリン、パラフィン、多糖類、マグネシウム塩類、ビサコディル、センナ、ヒマシ脂などです。
セロトニン作動薬で蠕動運動を強制的に促進することもあります。
自己判断で人間用の浣腸を用いることは大変危険ですのでやめて下さい。

食餌療法

食餌中の食物繊維量を増やすことで、便秘が軽減されることがあります。
ただし、繊維の摂取によって便の体積が増し、結腸の巨大化を招く可能性もありますので、獣医師の指示を守るようにしましょう。

病院へ連れていく目安は?

便秘で嘔吐までしていたらとりあえず診察を受けたほうが良いでしょう。
便秘だと思い込んでいたら、腸閉そくなど重大な病気の可能性もあります。
嘔吐がある限り猫は食べ物を食べられないので、症状を改善させないと体力が落ちてしまいます。
腸閉塞を疑うような場合は一刻の猶予もありませんのですぐに病院に行きましょう。

さいごに

猫の便秘は比較的来院件数の多い病気です。
3.4日でなくても、いつものことだからと放置してしまいがちですが、便秘になること自体が異常です。
病院で浣腸をして便を出すことは簡単ですが、基本的には便秘にならないように自宅でケアをしてあげる事の方が重要です。
高齢になってくると益々便秘になることが多いので、若い頃から便の状態には気を配り、便秘にならないようなサポートをしてあげましょう。





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-消化器の病気
-, , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.