目(眼)の病気

猫の角膜炎の症状や原因や治療方法は?目薬は何がおすすめ?

投稿日:2017年4月19日 更新日:

 

「猫のまばたきが多くて、目がショボショボしているけど、原因はなんだろう」

「他の猫に顔を引っ搔かれてから、しきりに目を気にしているみたい」

「猫の目に何かゴミが入ってるんだけど、家にある目薬を使ってもいいのかな」

このような猫の目のトラブルでお悩みの場合、猫の角膜炎に注意しなくてはいけません。

そこで今回は、猫の角膜炎について、その症状や原因、治療方法などを解説していきます。

角膜ってどこの部分?

角膜は眼球の外側にある黒目の部分を覆っている透明の膜のことで、外側から内側に向かって、「上皮細胞層」「角膜固有層」「デスメ膜」「内皮細胞層」という4つの層からなっています。
正常な角膜には血管がなく、表面の涙液や角膜と水晶体の間にある前眼房水から栄養を得ています。

猫の角膜炎の原因

猫の角膜炎を引き起こす原因には、外因性のものと内因性のものがあります。

外因性の原因

強風、ほこり、異物が目に入る、ケンカや事故で角膜に傷ができる、やけど、シャンプーや薬品が目に入る、目を強くこするなどによって角膜が刺激を受け炎症が引き起こされます。

内因性の原因

アレルギー性疾患、細菌、ウイルス、真菌の感染などから引き起こされます。
特に、猫ウイルス性鼻気管炎を引き起こすネコヘルペスウイルスが関与しています。
また、ビタミンA、B2、C不足による栄養障害や涙腺の異常によるドライアイ、結膜炎や緑内障などの他の目の疾患に続いて起こることもあります。

猫ウイルス性鼻気管炎とは?

ネコヘルペスウイルスⅠ型が感染猫の鼻汁、唾液、排泄物、目ヤニ、涙などから経口的に感染することで引き起こされる病気で、鼻汁、くしゃみなどの呼吸器症状、口内炎などの他、結膜炎や角膜炎などの目の病気もあらわれます。
子猫では衰弱し、死亡することもあります。

猫のヘルペスウイルスの症状や治療法は?うつる病気?多頭飼いはどうしたらいい?

猫の角膜炎の症状

角膜上皮よりも深部の損傷の有無によって非潰瘍性角膜炎と潰瘍性角膜炎に分類されますが、共通の症状としては角膜に傷がつくため、猫は目を痛がる、涙を流す、目ヤニが多量に出る、光をまぶしがる、まばたきをよくする、目が開けられないといった症状をみせます。
角膜の周りから中心部に向かって細い血管が伸びる血管新生がみられ、角膜が白く濁ってみえます。

非潰瘍性角膜炎

角膜上皮に炎症があり、深部の欠損はみられない状態です。

角膜黒色壊死症(角膜分離症)

ネコヘルペスウイルスによる角膜炎やなんらかの角膜への刺激が原因となって角膜中央の表面に角膜が壊死し、変色してできた黒色または茶褐色のかたまりができ、その後脱落すると角膜潰瘍、角膜穿孔に至ります。

好酸球性角結膜炎

角膜や結膜に白色~ピンク色のやや盛り上がった病変ができます。
免疫の異常やネコヘルペスウイルスなどが原因と考えられています。

潰瘍性角膜炎

角膜に傷がついて潰瘍化した状態で、病変の深さの浅い順に「角膜びらん」、「角膜潰瘍」、「デスメ膜瘤(ですめまくりゅう)」、「角膜穿孔」となります。
角膜の一部が欠損し、炎症が深部まで及ぶため、強い痛みとまぶしさを感じます。
角膜は辺縁が白く濁った潰瘍が盛り上がり、猫は目を開けられないことがほとんどです。

猫の角膜炎の診断

猫の目の表面に検眼器(スリットランプ)などで明かりを照らして、角膜の状態を観察しますが、角膜が濁っていない、血管新生がないような場合でも、角膜に炎症や傷があることがあります。
フルオレセインという色素を角膜表面に付けて染色すると、角膜の炎症部分だけが蛍光の緑色に染まり、角膜炎の大きさや位置などを診断することができます。

猫の角膜炎の治療

猫の角膜炎の治療には、原因や重症度によって次のような処置が行われます。

洗眼

角膜炎と診断されると、まず洗眼液や生理食塩水などを用いて洗眼を行い、異物や目ヤニなどを除去し清潔にします。

目の保護

治療期間中に猫が目を気にしてこすってしまうと、角膜炎が悪化してしまうためエリザベスカラーを装着するなどして保護します。

原因となる病気の治療

ウイルスなどの感染症や栄養障害などの内因性の原因があれば、それぞれの治療を行います。

目薬の点眼

症状や原因に合わせて抗炎症薬、抗生剤を含む目薬、角膜の治癒を促進する目薬などを点眼します。
ほとんどの場合、数時間おきの複数回の点眼が必要となりますので、自宅での点眼の順番ややり方を獣医師に確認しましょう。

外科手術

角膜表面の潰瘍部分を切除することがあります。
角膜潰瘍が進行して、角膜に穴が開いた状態になった場合には、上下のまぶたを縫合したり、周囲の瞬膜や結膜を伸ばして欠損部分を覆って保護する外科手術を行う例もあります。

猫の角膜炎に関する疑問

猫の角膜炎について、飼い主さんからよくいただく質問をご紹介します。

結膜炎との違いは?

結膜炎は、まぶたの裏側から白目を覆う結膜が炎症を起こす病気で、角膜炎とは炎症が生じている部位が異なります。
結膜が赤く腫れる、涙や目ヤニが出る、痛みやかゆみのために目をこするなどの症状がみられ、角膜にまで炎症が広がると角膜炎を併発することもあります。
結膜炎の場合でも、目をこすったり掻かないようにエリザベスカラーなどで保護することが、悪化を防ぐ最善策となります。

猫の結膜炎の治療法は?自然治癒する?目薬や治療費についても解説

自然治癒する?

角膜の浅い部分である角膜上皮での軽度な炎症であれば、新陳代謝が活発であるため自然治癒することもありますが、たいていの場合、猫が目を気にしてこすったり、ひっかいてしまって病変を広げて悪化させてしまいます。
角膜炎に限らず、目の病気は「自然に治るかな?」と一日でも様子を見ている間に、どんどん進行してしまいますので、猫の目に何らかの異変があった場合にはすぐに動物病院に行くようにしてください。

市販の目薬で治る?

軽度の角膜炎に見えても、深部まで損傷していることもありますので、自己判断での市販の目薬の使用は避けた方がいいでしょう。
また、家族が結膜炎になったときに処方された目薬を猫に転用することもやめましょう。
猫の目に入ったほこりや毛などの異物を取り除きたいときには、市販の人工涙液である「ソフトサンティア」などを点眼し、洗眼してあげてもいいでしょう。
もちろん新品を開封して猫用の目薬とし、冷蔵庫で保管の上、1ヶ月以内に使い切るようにしてくださいね。

なかなか治らないんだけど?

原因や重症度にもよりますが、完治までに1週間から数か月かかることもあります。
治療途中で自宅での点眼やエリザベスカラーの装着をやめてしまったり、点眼時に猫が暴れて目薬の容器で目が傷ついていることが原因ということもよくあります。
獣医師に相談しながら、根気よく自宅での点眼と目の保護を続けましょう。
また、一度白濁した角膜が透明に戻るには、半年以上かかることもありますし、残念ながら戻らないこともあります。

失明することもある?

角膜炎を放置すると損傷部分が広がり、角膜が破れ、視力の低下や失明の可能性もあります。
猫の爪によって角膜に傷ができた場合には、角膜表面には大きな損傷は見えないものの、深部まで損傷を受けていることもよくあり、角膜膿瘍などで一気に重症化する危険性もあります。
早期に発見して、しっかり治療することが重要となりますので、目に異変を感じたらただちに動物病院を受診しましょう。

さいごに

猫は好奇心旺盛で、狭いところに潜り込むのが好きな動物であるため、何かに目をぶつけたり、ゴミが入ったりと角膜炎になりやすいとも言えます。
角膜炎の強い痛みによって猫のストレスも大きなものになりますので、なるべく早めに気付いてあげられるように、日頃から目の周りの清潔を保ちながら、目の様子をチェックしてあげてくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

猫の涙やけの取り方とは?原因は何?ケアの方法はどうしたらいいの?





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-目(眼)の病気
-, , , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.