消化器の病気

猫の脂肪肝は治る?原因や症状や治療法は?食事はどうしたらいい?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

 

脂肪肝と聞くと、“肥満”や“フォアグラ”、“お酒好き”なんてワードをイメージされる方も多いかと思いますが、実は猫の脂肪肝とは命に関わる重大な病気であるということをご存じでしょうか?

「猫が脂肪肝と診断されたけど、何が原因だったの?」

「猫の脂肪肝の治療法や食事について詳しく知りたい!」

という飼い主の方のために、今回は“猫の脂肪肝(肝リピドーシス)”をピックアップして、どこよりも詳しく解説したいと思います。

猫の脂肪肝(肝リピドーシス)ってどんな病気?

脂肪肝とは、肝臓の細胞内に中性脂肪(トリグリセリド)が大量に蓄積することで肝臓の機能が障害されてしまう病気です。
まずは猫の脂肪肝の症状や原因、診断方法ついて解説したいと思います。

原因

脂肪肝を発症する原因については十分には解明されていませんが、何らかの病気や環境の変化などによって、猫が食欲不振に陥ることが発端となります。
猫が食事をほとんど摂らないと、生きてくためのエネルギー源として利用できるものが体脂肪しかなくなりますが、体脂肪はそのままではエネルギーとして利用できないため肝臓で代謝され形を変える必要があります。
その結果大量の脂肪が一気に肝臓に集まってしまい、肝細胞に脂質が蓄積された結果、脂肪肝が引き起こされます。
軽度でも脂肪肝になるとさらに食欲不振に拍車がかかる→また脂肪が肝臓に蓄積するという悪循環が起こるため、猫では数日程度の絶食でも脂肪肝の発症に注意が必要と言われています。
なお、脂肪肝の発症のきっかけとして多いのは、迷子になり長期間食事にありつけなかったケースの他、炎症性腸疾患や膵炎などの食欲不振を招く病気にかかるケースが多いです。

症状

元気や食欲がなくなる、体重が減少するのは一般的で、下痢や嘔吐がみられることもあります。
肝臓の機能が低下するため、尿が濃い、異常に黄色くなる、皮膚や粘膜が黄色っぽくなるなどの黄疸症状がみられることもあります。
また、血中のアンモニアが増加し、フラフラしたり、痙攣やよだれを流したりする“肝性脳症”を起こすことがあります。

診断方法

診断方法についていくつか解説します。

血液検査

肝臓の数値(ALT、AST、ALP、GGT)や黄疸の指標であるビリルビン(TBIL)の数値が顕著に上昇します。
またアンモニア(NH3)の値も上昇することもあります。

猫の肝臓の数値が高いのはなぜ?病気の可能性は?原因、治療法について解説

超音波検査

肝臓が正常よりも大きくなっており、典型的な例では白っぽく変化しています。

細胞診検査

脂肪肝の診断には必要不可欠な検査です。
超音波を使いながら、肝臓に針を刺し肝臓の細胞を採取します。
この時の肝臓に“空胞変性”とよばれる変化が見られると“脂肪肝(肝リピドーシス)”と診断されます。
※獣医師が診断する際は、飼い主の方にわかりやすく“脂肪肝”と伝えることもありますが基本的には“肝リピドーシス”という病名を使うのが一般的です。

脂肪肝の治療方法について

飼い主の方が最も気になる脂肪肝の治療方法について解説していきましょう。

治療のポイントは食事を与えること!

脂肪肝の治療で最も重要な点が「十分な栄養(特にタンパク質)を与えること」で、これにより肝臓内に蓄積した脂肪を減少させ、肝臓の機能を回復させることができます。
「じゃあ、猫に無理矢理にでも食べさせていたらいつか脂肪肝は治るのね!」と思われるかと思いますが、それがそんなに単純なことではありません。
脂肪肝に陥った猫が自発的に採食することはまずありませんし、多少食べたとしても十分な量を食べることはできません。
また、無理矢理食べさせてもすぐに嘔吐しますし、急に食べさせることによって体のミネラルのバランスが崩れ、余計に体調不良を起こすことがあります(理フィーディング現象と言います)。
そのため、治療開始直後は本当に少量から少しずつ猫の様子を見ながら食事を与える必要があります。
この時、口をこじあけて食事を与えるのは猫にとって非常にストレスで更なる嘔吐を引き起こしますし、十分な量を与えることができませんので、経鼻カテーテルを使用します。
経鼻カテーテルは初期の流動食の給餌には適していますが、半流動食には不向きなので、治療開始から数日〜1週間程度経ったら食道チューブや胃チューブへの変更が必要になってきます。
初期治療を乗り切ったあとも、自力で十分な食事をとるまでに回復するには数ヵ月以上かかることもあります。

支持療法も大切

栄養を与えると同時に重要なのは、脂肪肝の症状や治療開始による合併症を緩和させるための“支持療法”です。
具体的には、点滴、カリウムやリンなどのミネラルの補給、ビタミン剤の投与、制吐剤の投与になります。
また脂肪肝の患者は貧血を伴っていることが多いため、治療途中に輸血が必要となるケースも珍しくありません。

基礎疾患の治療も

脂肪肝を発症した原因が迷子などで食事にありつけなかったケースではないのであれば、何らかの病気があることで脂肪肝に陥った可能性があります。
そのおおもとの病気を治療しないことには、脂肪肝が改善しても食欲は回復せず、また脂肪肝になってしまいます。
かならず原因となる病気(基礎疾患)を探し、その治療も同時に行う必要があります。

猫の脂肪肝についてよくある疑問

脂肪肝を心配している飼い主の方や飼い猫が脂肪肝と診断された飼い主の方が抱かれる疑問を、3つピックアップして解説します。

猫はどのくらい絶食してはいけないの?

数日程度の絶食で脂肪肝になるという報告があります。
嘔吐や下痢などの症状が見られると絶食をすることがあるかと思いますが、症状が落ち着かないからといって長い間絶食を行うことは脂肪肝を招くおそれがあります。
嘔吐や下痢に限らず、「元気だった猫が突然何日も食べられない」という状況になったら、すぐに動物病院を受診されることをおすすめ致します。

食道チューブや胃チューブについて知りたい

シリコンでできたチューブを首の皮膚を切開して食道に挿入したものを食道チューブと言います。
シリコンの専用チューブ以外に特別な機器が必要なく、10分程度で簡単に装着できますが、皮膚を切開したり口を大きく開ける必要があるため全身麻酔、もしくは鎮静剤の投与が必要になります。
胃チューブも食道チューブと似たような特徴がありますが、設置に内視鏡が必要になる点と、お腹の中に腹水が貯まるような病気(膵炎や腸炎など)がある場合には設置ができない点、設置して2週間以上は抜去することができない点が食道チューブにはないデメリットになります。

脂肪肝の治療費用の目安は?

日本獣医師会による“診療料金実態調査(平成27年)”では、残念ながら脂肪肝の治療費用は調査対象外でしたので、以下に大まかな治療費用の目安をお答えしたいと思います。
まず始めにお伝えしなければならないのは「脂肪肝の治療費用はかなり高額になってしまう」ということです。
入院期間は最低でも2週間はかかりますし、ほぼ毎日のように血液検査を行います。
また毎日の点滴の他、使用する薬剤も多く費用がかさみますし、輸血を行うこともあります。
さらに麻酔下での食道チューブの設置も行いますので、総額で30〜40万程度かかることが予想されます。
また、脂肪肝の診断を一般の動物病院が行えないこともあり(超音波検査ができない、細胞診が難しいなど)、大学病院などの二次診療施設に紹介されることも多く、このような理由で治療費用は概して高額になってしまいます。

さいごに

猫の脂肪肝は命に関わる重大な病気で、特に治療初期には様々な合併症を起こしやすく要注意であること、治療は長期に及ぶため飼い主の方の看護が必要不可欠であることを知っておいていただければと思います。





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-消化器の病気
-, , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.