生殖器の病気

獣医師が猫の避妊手術を徹底解説。時期はいつするの?費用は?

投稿日:2017年8月14日 更新日:

 

「猫の避妊手術って、どんな手術何だろう?」

「子猫の避妊手術を考えているけど、いつ頃がいいのかな?」

「猫の避妊手術は何のためにするの?費用はどのくらい?」

猫を飼われている方の多くが、猫の避妊手術について検討されるかと思います。

避妊手術とはどのような手術なのか、何のために行うのか、詳しく知りたいという方のために、今回は猫の避妊手術について徹底解説したいと思います。

猫の避妊手術とは

避妊手術とは、メス猫の生殖器である卵巣と子宮あるいは卵巣のみを外科的に切除し、生殖能力を取り除く手術です。

メス猫の生殖器と繁殖

避妊手術についてより詳しく理解していただくために、まずはメス猫の生殖器と繁殖のしくみについて解説します。

メス猫の生殖器

メス猫の生殖器には、卵子の生産をする「卵巣」、受精場所となる「卵管」、妊娠時に胎仔が育つ「子宮」、交尾と分娩の際に通過する「膣」があります。
さらに、広い意味では「乳腺」も含むことがあります。

メス猫の繁殖のしくみ

メス猫の性成熟

メス猫は生後4~9か月で性成熟を迎えます。
一般的には、体重が2.5kg以上に達する時期とされています。

猫の繁殖期

子育てしやすい季節に出産するため、多くの動物の発情は日照時間に関係しています。
猫は日照時間の長い時期に発情する「季節繁殖動物」です。
そのため、日照時間に関わる緯度によって繁殖の季節は異なります。
日本では、自然光の条件下においては繁殖季節は1月から8月です。
ちなみに、日照時間が12時間ある赤道地域では年間を通して発情を繰り返しますが、北極や南極に近い地域では繁殖期節は数か月に限定されます。
しかし、近年では人間の生活時間に近いライフサイクルで暮らしている猫が多いため、夜間の照明の影響を受けて、年間を通して発情を繰り返す傾向にあります。

猫の排卵

排卵とは、卵巣から卵子が排出されることで、排出された卵子がオスの精子と受精すれば「受精卵」となります。
動物の繁殖のしくみは様々で、たとえば人間の女性では生理と生理の間に排卵(卵子の排出)がありますが、犬では発情期後半の発情出血が終わるころに排卵があります。
一方、猫は特徴的な「交尾排卵」をする動物で、繁殖期にだけオスとメスが交尾をし、交尾の刺激によって24時間から30時間で排卵します。
これは単独で生活しているネコ科の動物が、効率よく妊娠するためであると考えられています。

メス猫の発情期

メス猫の発情周期のパターンは個体差や飼育環境による差がありますが、21日ごとに発情を繰り返す猫が75%ほどで、残りの猫は不規則な発情周期であったり、持続的な発情を示します。
メス猫の発情周期は、「発情前期」「発情期」「発情休止期」「無発情期」に区分されます。

発情前期

発情開始の2日間程度です。

発情期

オス猫を受け入れ、交尾をする時期です。
交尾した場合には6日程度、交尾しないと8日程度持続します。

発情休止期

交尾しなかった場合には、10日ほどの発情後期に入ります。
交尾をしても妊娠しなかった場合には、排卵後、プロジェステロンというホルモンが分泌され、
30~50日程度の発情休止期に入ります。
この時期には、オス猫が近づいても受け入れません。

無発情期

発情周期を数回繰り返すと、1~2か月程度の無発情期に入ります。
さらに、日が短くなる秋から冬にかけては、無発情期は数か月になります。

メス猫の発情期の行動

発情期のメス猫はどのような行動をするのでしょうか。

大きな声で鳴く

発情期になると、いつもより高い大きな声で鳴き続けます。
昼夜問わず鳴き続けるため、飼い主さんが眠れない、ご近所トラブルなど、深刻な問題になりがちです。

ロードシス姿勢

発情期のメス猫は、オス猫が近づくと前足をかがめて腰を持ち上げる姿勢で、後ろ足をばたばた鳴らしながらオス猫を誘う「ロードシス姿勢」をとります。

体をこすりつける

常にソワソワして、物や人に頭や首をこすりつけるようになります。

ころげまわる、ローリング行動

体をねじりながら、頭を地面に着けてゴロゴロところげまわります。

外に出たがる

オス猫を求めて、外に出ようとします。
完全な室内飼育の猫でも、少し油断した隙に外に出てしまうということもよくあります。

食欲が落ちる

体調に問題はなくても、食欲が落ちるということがあります。

避妊手術の必要性は?

「避妊手術で生殖能力を奪うのは、自然の摂理に反する」と考える方、あるいは「健康な猫に麻酔をかけて手術を行うことに抵抗がある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
多種の生き物に人間の考えやライフスタイルを押し付けることになるわけですから、様々な意見があって当然だと思います。
しかし、残念ながら全ての人が“猫が好き”“猫に寛容”というわけではありませんし、人間社会では猫の糞尿や発情期の行動などに関わるトラブルが多いのも事実です。
無秩序に繁殖して増えた猫が保健所で殺処分されたり、交通事故に遭ったりといった現状もあります。
このようなことから、人間の社会の中で猫が少しでも幸せに、トラブルを最小限にして暮らすためにも、繁殖の予定がないのであれば避妊手術をした方がいいという意見が、現在では主流になっています。
避妊手術をすることで猫が生殖器の病気を予防できるというメリットもありますし、なによりも計画外の妊娠で不幸な子猫をこれ以上増やさないようにすることもできます。
愛猫に避妊手術を受けさせるかどうかは、獣医師だけでなく、飼い主さん一人ひとりがしっかりと考えるべき責任のひとつです。

行政による殺処分数

近年では「殺処分ゼロ」を目指し、行政や愛護団体などによる様々な活動も行われており、減少傾向にあるものの、いまだに数多くの猫が国内で殺処分されています。
環境省の報告によると、平成27年度に全国の保健所や動物愛護センターに引き取られた猫は90,075頭で、最終的に67,091頭の猫が殺処分されていて、そのうち離乳前の子猫の頭数は44,068頭だそうです。
さらに飼い猫が出産したものの、「自宅で育てられない」「里親が見つからない」などといった理由で飼い主から引き取った猫は14,061頭で全体の16%に上り、そのうち離乳前の子猫は6,415頭であったとのことです。

避妊手術のメリット

避妊手術をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

発情期に関する行動の軽減

前述の発情期の行動が軽減され、発情期に猫の体にかかっていたストレスからも解放されます。
また、オスを求めて外に出ることがなくなるため、交通事故やケガなどを予防できます。

性格の変化

元々の猫の正確によっても異なりますが、穏やかな性格になることが多いようです。

病気の予防

卵巣と子宮を摘出することで、主に生殖器の病気の予防になります。

乳腺腫瘍

猫の乳腺腫瘍の9割が悪性で、いわゆる“乳ガン”です。
避妊手術を受けていない中高齢の猫に多く、乳頭の周りに硬いしこりができます。
悪性の場合、リンパ節や肺などへの転移がみられ、予後もよくありません。
生後1年以内に避妊手術を受けると、高い確率で発症を予防できると言われています。

猫の乳腺腫瘍(乳がん)の症状や治療法は?手術費用は?余命はどのくらい?

子宮蓄膿症

子宮内に細菌が侵入して感染を起こし、子宮に膿が溜まる病気です。
交尾をしないと老廃物が子宮内に溜まって細菌が繁殖しやすい環境となりますし、発情中は子宮のバリアの弱まり細菌感染しやすくなるため、発症リスクが高いと言われています。
発症すると食欲の低下、多飲多尿や嘔吐、発熱がみられ、腎不全を併発すると命に関わります。

猫の子宮蓄膿症とは?原因、症状、治療方法、手術費用など詳しく解説

卵巣腫瘍

ホルモンの分泌過多が原因となり、交尾をしていないメス猫によくみられる病気です。
他の臓器への転移する可能性の高い病気ですが、卵巣を摘出することで予防することができます。

様々な感染症

オス猫を求めて外に出ることがなくなりますので、猫エイズや猫カゼなどの様々な感染症を他の猫からうつされるリスクが軽減します。

避妊手術のデメリット

次に、避妊手術によるデメリットについて解説します。

全身麻酔のリスク

避妊手術は全身麻酔下で行われますが、これは猫を動かないようにすることで安全に迅速に手術が行えるためで、麻酔が効いている間は猫は刺激や痛みを感じなくなります。
つまり、体の反射がなくなり、呼吸や心拍も抑制される他、麻酔薬の代謝や排泄のために肝臓や腎臓への負担も増します。
もちろん安全性の高い麻酔薬が使われますが、それでも全身麻酔をかけることは健康な猫であっても多少の負担がかかり、生き物相手のことなので「100%安全」とは言い切れません。
ただし、より安全に近づけるために、術前検査によって健康状態を確認して麻酔をかけられる状態かどうかを判断したり、麻酔中は慎重に猫の呼吸や心拍をモニタリングするなど、常に不測の事態に備えています。
高齢や肥満、腎不全などの慢性疾患がある場合には、麻酔のリスクが増すため、手術できないこともありますので、なるべく若くて健康なうちに行うのが最適です。
不安が残るようでしたら、獣医師にしっかりと説明を求め、納得できるまで確認しましょう。

肥満しやすくなる

避妊手術後は性欲がなくなる分、食欲が増すと言われています。
それに加え、オス猫を求める発情行動も減るため、活動量も減りますし、発情期に関するストレスもなくなるため、「以前よりもよく食べて、動かない」という肥満しやすい生活になってしまいます。
肥満は糖尿病など様々な病気のリスクを高めますので、手術後は特に適切な食事管理によって、肥満を予防しましょう。

避妊手術の時期

避妊手術を受ける時期は、いつ頃が最適なのでしょうか。

最適な時期

避妊手術に最も適している時期は、生後6か月以降であるとされていますが、動物病院によって基準は異なります。
避妊手術には全身麻酔が必要となりますが、一般的に全身麻酔に耐えられる体に成長するのは体重2kg以上とされていますので、成長の様子を見ながら判断する場合多いでしょう。
近年、アメリカでは早い時期に行うケースも多く、5か月齢が最適であるという意見もあります。
猫の成長具合や健康状態、ワクチン接種歴によっても異なりますので、まずは獣医師に相談しましょう。

乳腺腫瘍の予防に最適な時期

前述のとおり、避妊手術を受けることで乳腺腫瘍の発症率が下がることがわかっていますが、避妊手術を受ける時期によっても乳腺腫瘍の発症率に影響があるとされています。
乳腺腫瘍のリスクは、6か月齢未満に避妊手術を受けた猫は91%、1歳未満に避妊手術を受けた猫では86%、2歳未満では11%軽減するという研究データがあります。
また、2歳齢以降では、いつ行っても予防効果はないと言われています。
つまり、初回~2回目の発情までに避妊手術をすることで高い確率で乳腺腫瘍のリスクを減らすことができます。

猫の年齢が1歳を過ぎてからだと遅い?

健康な猫であれば体力的には問題がないため、遅すぎるということはありませんが、“乳腺腫瘍のリスク軽減”の観点からすると遅いということになります。
ただし、発情期の行動の軽減やその他の生殖器の病気予防という意味では有効ですし、乳腺腫瘍の場合は乳腺の切除と同時に避妊手術(子宮卵巣摘出)を行うことで再発の予防になると言われています。
シニア猫の場合には、体力が衰えていたり、腎臓疾患などの慢性疾患を患っている可能性も高くなるため、全身麻酔下で手術をすることのリスクは高まりますので、より一層注意が必要になりますし、手術ができないこともあります。

猫が発情中の場合、避妊手術できる?

避妊手術を予定していた日に発情が来てしまった場合、手術を行うか延期するかは獣医師の見解によって異なります。
発情中は、卵巣や子宮の血流が増大して腫れたようになることや、出血のリスクが高まることから手術を延期するケースが多いかと思いますが、発情が収まるのを待ってから手術の予約を取り直しているうちに次回の発情が来てしまった、というようにタイミングを計るのがなかなか難しい場合もあります。
飼い主さんが猫の発情周期に合わせてスケジュール調整が可能であれば、手術のリスクの高い発情中の手術は避け、外猫など次回いつ来院できるかわからない場合には、発情中の手術もやむなく行うということになるでしょう。
前述のとおり、乳腺腫瘍のリスク軽減には早めの手術が有効となりますので、その辺も踏まえて獣医師に相談しましょう。

避妊手術の流れ

では、実際に避妊手術はどのような流れで行われるのでしょうか。
かかりつけの動物病院によって多少異なりますが、一般的な流れをご紹介します。

避妊手術の相談

かかりつけの動物病院で、避妊手術について相談しましょう。
まだ手術を受けるか悩んでいる方も、まずは獣医師に相談をして、不安な点や疑問を解消しながら検討してみてください。

事前にワクチン接種を

動物病院で避妊手術を受けるためには、事前に3種または5種などの混合ワクチンの接種をしていなければなりません。
ワクチンは感染症に対する免疫(抗体)を体内に作り、病気を予防するためのものです。
動物病院は病気の猫も含め、様々な状況の猫が集まる場所なので、病気をもらってしまったり、他の猫にうつさないために必要です。
ただし、ワクチンは接種してすぐに効果が出るわけではなく、個体差はありますが抗体が定着するためには接種後2週間ほどかかるため、その期間のことも考慮して手術時期を検討しましょう。

手術1~2週間前:術前検査

全身麻酔に耐えられる状態かどうか、血液検査で全身の健康状態の確認を行います。
特に、麻酔薬の分解や代謝、排泄に関わる肝機能、腎機能がしっかりしているか、手術中の出血に備えて、止血機能がきちんと働いているかを確認します。
状況に応じて、X線検査や超音波検査などが必要になる場合もあります。

手術前日:絶食

手術の説明を受ける際、獣医師から「○時以降は絶食、飲水は○時まで」という指示が出されるかと思います。
手術中に嘔吐したものが気管に入ると、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」を起こし、命にかかわる事態に陥る危険性があるためで、手術の前日は絶食をして胃の中を空っぽにしておく必要があります。
動物病院で指示された時間を守り、それ以降はごはんを与えないでください。
お腹をすかせた猫が、キャットフードの袋やゴミ箱などをあさって食べてしまうかもしれませんので、猫に見つからない場所に隠したり、ゴミ箱が開かないように蓋をするなどの対策をしてください。
もしも少しでも食べた可能性がある場合には、何時頃にどのくらいの量を食べた可能性があるかを正直に獣医師に申し出ましょう。
ほとんどの場合、避妊手術は緊急の手術ではありませんので、麻酔事故のリスクを避けることを優先して手術を延期することもあります。

手術当日:動物病院へ

いよいよ当日です。
飼い主さんの緊張が伝わると猫も落ち着かなくなってしまうので、難しいかもしれませんが、できる限りリラックスして、動物病院へ向かいましょう。
当日までの猫の健康状態で気になることがあれば、獣医師に伝えましょう。
発情の兆候がある、下痢や嘔吐を繰り返しているなど体調不良の場合には、手術を延期する可能性もあります。

【避妊手術の手順】

手術の手順や麻酔方法は動物病院によって異なりますが、一般的にまず静脈に点滴用の留置針を入れ、注射の麻酔薬~吸入麻酔薬によって全身麻酔をかけます。
切開する部分のお腹(下腹部~内股)の毛を剃ります。
その後、お腹を切開し、子宮と卵巣(卵巣摘出術の場合は卵巣のみ)を引っ張り出し、血管を丁寧に結紮(けっさつ)して摘出します。
十分に止血していることを確認してから、切開したお腹を縫合します。
猫が全身麻酔から醒めるまで慎重に観察し、終了です。
また、最近では腹腔鏡による避妊手術を行う動物病院も増えてきています。
通常の開腹手術に比べると、傷口が小さく、体への負担が少ないというメリットがありますが、術野が狭いため卵巣の一部を切除しきれずに体内に残してしまい、手術後も卵巣ホルモンの分泌により発情行動などがみられる「卵巣遺残症候群」の可能性もありますので注意が必要です。

手術時間はどのくらい?

麻酔処置から麻酔が安定してかかるまでの時間は猫によって個体差がありますが、卵巣、子宮の摘出、縫合は特に問題がなければ20~30分程度で完了します。
一般的に、避妊手術を行う時間よりも術前の麻酔処置や剃毛、麻酔が醒めるまでの管理時間の方が長く、全体としては1時間~1時間半くらいでしょう。

手術1~2日後:退院

入院期間は動物病院によって異なりますが、一般的に1~2日ほど入院し全身状態や傷口を確認します。
すぐにでも連れて帰りたいと思われるかもしれませんが、手術当日は麻酔が醒めたばかりで意識がはっきりしていなかったり、ストレスや痛みから食欲がないことも多いため、動物病院でしっかりと管理してもらうと安心でしょう。

エリザベスカラー、術後服の装着

避妊手術の傷口は、術後ガーゼや包帯で保護してあると思いますが、術後は首に巻くエリザベスカラーを装着、あるいは術後服を着せるなどして、傷口を舐めないようにします。
まだ不安定な傷口を猫のザラザラした舌で舐めてしまうと、傷口が開いて出血してしまったり、化膿してしまう恐れがあります。
そうなった場合には、再度麻酔をかけて皮膚の創傷面をきれいにしてから縫合する処置が必要になることもあり、さらなる負担を猫にかけてしまいます。
「猫が嫌がる」「猫がかわいそう」と思っても、自己判断でエリザベスカラーを外してしまうのは、絶対に止めましょう。
もしも、ごはんが食べられない、術後服がきつそうなどの生活面で支障が出ているのであれば、獣医師に相談してみてください。

手術1週間~10日後:傷の確認、抜糸

手術から約1週間後に、再び動物病院を受診し、傷口の確認をします。
完全に傷口がふさがって、猫が舐めても問題がない状態であることを確認し、抜糸を行います。
ここでようやくエリザベスカラーや術後服を外せます。

猫の避妊手術の抜糸までの期間や費用は?自分でしてもいいの?

避妊手術の費用

避妊手術の費用は動物病院によってかなりの幅があり、卵巣子宮切除による避妊手術は5000円未満~10万円以上で、中央値は20,986円という調査結果があります。
これには、術前の検査や入院費、術後の検診、抜糸などの費用を含んでいる場合とそうでない場合があるため、必ず事前にかかりつけの動物病院で確認しましょう。
なお、一般的な術前検査は3000~5000円程度、猫の1泊の入院費は3000円程度でしょう。

補助金、助成金について

動物愛護の観点から、市区町村単位で去勢・避妊手術に対する助成制度を設けている自治体があります。
たとえば、東京都大田区の場合「飼い主がいる猫の避妊手術では1匹8,000円」「飼い主のいない猫の避妊手術では1匹14,000円」の費用を助成しています(平成29年現在)。
自治体によって申請方法や金額、対象となる猫、動物病院などが異なりますので、お住いの自治体の担当窓口に確認してみてください。

さいごに

今回は猫の避妊手術について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
避妊手術は多くの猫が受けている手術とはいえ、いざ愛猫の手術を検討するとなるといろいろな不安や疑問が芽生えますよね。
少しでも安心して手術に臨めるように、子猫のうちから信頼できるかかりつけの動物病院を探しておくことも大切です。
子猫のワクチン接種や健康診断などの機会に、獣医師に避妊手術についても相談してみてくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

獣医師が猫の去勢手術を徹底解説。時期はいつするの?費用は?

獣医師が猫の避妊手術後を徹底解説。性格は変化は?発情はする?





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-生殖器の病気
-, , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.