内分泌の病気

猫の糖尿病性ケトアシドーシスとは?原因や症状や治療方法も解説

投稿日:2017年12月3日 更新日:

 

人間同様、猫にとって糖尿病は決して珍しい病気ではありません。

避妊去勢手術後に極度な肥満になったり、室内飼いで運動不足になると糖尿病のリスクが高くなることはご存じでしょうか?

猫の糖尿病では「最近猫がよく水を飲んで、おしっこの量が多い」「以前よりやせてきた」といった症状で来院されることが多いですが、中には病態が進行してグッタリした状態で運ばれてくることも少なくありません。
実はこのような猫を検査してみると“糖尿病性ケトアシドーシス”に陥っていると診断されることがあるのです。
今回は猫の糖尿病の中でも“糖尿病性ケトアシドーシス”にスポットをあて、原因や症状、治療方法など詳しく解説したいと思います。
あまり聞き慣れない病名かも知れませんが、重要な病気ですのでぜひご一読下さいね。

猫の糖尿病性ケトアシドーシスってどんな病気?

それでは糖尿病性ケトアシドーシスの原因、症状、診断方法について解説していきたいと思います。

糖尿病の原因は?

糖尿病とは、膵臓から出る“インスリン”というホルモンの分泌量が減ったり、インスリンが上手く働かなくなるために高血糖が引き起こされる病気です。
糖尿病の発生には生活習慣が関わっており、10歳以上の高齢、去勢雄、肥満である猫は糖尿病のリスクが高いこと知られており、人間のⅡ型糖尿病に類似していると言われています。
また、Ⅱ型糖尿病のようなタイプ以外にも、膵炎などの病気によって二次的に引き起こされる糖尿病、ステロイド剤の長期もしくは大量投与による医原性糖尿病、遺伝的な要素が関連していると言われる若年性糖尿病などが糖尿病の発生原因として挙げられます。

猫も糖尿病になる?原因や症状や治療法は?末期症状や費用も解説

糖尿病性ケトアシドーシスの原因は?

飼い主の方が猫の糖尿病に気付かずに放置してしまったり、病院で治療を始めても血糖値のコントロールが上手くいかない場合、“糖尿病性ケトアシドーシス”に陥ることがあります。
糖尿病性ケトアシドーシスとは体の中に重度のインスリン不足が起こることによって引き起こされる病態で、インスリンがなくなると体がエネルギー源として糖分を使用することができなくなり、代わりに脂肪が消費されます。
この時に発生する代謝産物が“ケトン体”と呼ばれる酸性の物質です。
このケトン体が増えすぎると体に不調が表れる程に酸性に傾いてしまい、“代謝性アシドーシス”と呼ばれる病態になります。
つまり糖尿病性ケトアシドーシスとは、「糖尿病が原因でケトン体が検出され、体の中が著しく酸性に傾いた状態」ということになります。

症状は?

糖尿病になると、“多飲多尿”と呼ばれる沢山水を飲んで色の薄い尿を大量に排泄する症状の他、食べているのにやせてきた、食欲がなくなってきた、元気がない、よく寝ている、毛づやが悪くなった、などの不調が見られます。
それが急性に悪化し糖尿病性ケトアシドーシスになると、頻呼吸、嘔吐や昏睡などの意識障害が見られるようになります。

診断方法は?

猫の体調不良の原因が糖尿病ではないか、もし糖尿病ならケトアシドーシスに陥っていないかどうかを調べていきます。

血液検査

血液検査で持続的な高血糖(>300mg/dl)を認め、また長期にわたって高血糖が見られているかどうかの指標である“糖化アルブミン”もしくは“フルクトサミン”という項目を調べたり、アシドーシスの確認のため血液ガス測定を行い血液のpHや重炭酸塩濃度を測定します。
その他、電解質やカルシウム、リンといったミネラルのバランスに問題がないかなど細かくチェックします。

尿検査

尿検査で尿糖とケトンの有無を調べます。

画像検査

レントゲン検査(X線検査)や超音波検査を行い、膵炎などの糖尿病を引き起こす基礎疾患や慢性腎不全などの併発疾患がないかどうかを確認します。

糖尿病性ケトアシドーシスの治療方法とは?

糖尿病性ケトアシドーシスは一刻も早い治療が必要で、放っておくと命に関わるため、入院下で積極的な治療を行わないといけません。

輸液療法(脱水とミネラルの管理)

糖尿病性ケトアシドーシスでは重度の脱水とミネラルバランスの異常が起きているため、輸液療法(静脈点滴)がとても重要です。
脱水を改善できる点滴剤ならなんでもいいわけではなく、その時の猫の状態に応じた輸液の種類を「適切に調整すること」が糖尿病性ケトアシドーシスを脱するためのコツとも言えます。
またインスリン療法を開始すると、リンやカリウムといったミネラルのバランスが乱れてくることがあるため、毎日血液検査を行います。

インスリン療法(血糖値の管理)

高血糖が落ち着かないといつまでたっても脱水が改善されないため、輸液と同時に重要なのが血糖値のコントロールになります。
通常のインスリンは皮膚の下に投与するタイプになりますが、脱水が重度だと十分に吸収できないため、静脈内に点滴するか筋肉の中に注射します。
血糖値が安定するまで、こまめに(1〜2時間おきに)血糖値を測定します。

糖尿病の猫の管理の仕方。インスリンの注射の仕方、血糖値の測り方など詳しく解説

栄養管理

体で使用するエネルギー源を脂肪から糖に変わらないとケトン体が産生され続けてしまいます。
そのため、インスリンによって血糖値が落ち着いたら点滴に糖分を加えたり、猫が食べそうなフードを与えたりしてエネルギーを補充する必要があります。
もし自力で食事をとれない程衰弱している場合は、チューブなどで流動食を強制的に食べさせることもあります。

基礎疾患や併発疾患の治療

膵炎といった基礎疾患から引き起こされている糖尿病なのであれば、当然その治療が必要となります。
また、ステロイド剤の投与によって引き起こされた医原性糖尿病であれば、ステロイド剤を中止し他の薬剤で病気のコントロールを試みるか、もしくは最低限のステロイド剤へ減量していく工夫が必要になります。
また甲状腺機能亢進症や慢性腎不全といった高齢猫に多い病気が認められる場合は、その治療を平行して行っていきます。

参照:獣医師解説。猫の慢性腎不全の原因や症状や治療とは?回復はするの?

治療費用の目安について

糖尿病性ケトアシドーシスを積極的に治療すると、最低でも2週間程度は入院治療が必要なことが多く、1日に何回も血液検査を行ったりするので治療費用は高額になります。
動物病院は自由診療なので、費用はかかりつけの動物病院にもよりますが、総額で20万円を超えることも珍しくないでしょう。
また動物病院によってはこの病気の猫を入院管理することができないこともあります。
その場合は大学病院などの二次診療施設に紹介することになり、治療費用がさらに高額になる可能性があります。

さいごに

糖尿病性ケトアシドーシスの猫を見ると、グッタリとして意識朦朧であるため飼い主の方の中には「こんな状態なら入院しても、もうダメだろう」と治療自体を諦めてしまうことがあります。
しかし、積極的な治療をすることによって糖尿病性ケトアシドーシスを脱し、通常の糖尿病の治療へ移行、その後糖尿病が寛解する(インスリン治療から脱する)ということも決して珍しいことではありません。
決して「糖尿病性ケトアシドーシスは治らない病気」ではなく「糖尿病性ケトアシドーシスは治療しないと亡くなってしまう病気」ですので、ご注意下さい。
ただ費用が高額であるため、治療させたくても経済的にできないという飼い主の方もいらっしゃいます。
その場合はどのような治療の選択肢があるのか、あるいは治療を断念するのか、かかりつけの動物病院の先生とよく相談し、後悔のないご決断をするようにしましょう。





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-内分泌の病気
-, , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.