消化器の症状

猫が粘液状の血便をしたけど原因は何?病気なの?

投稿日:2017年7月2日 更新日:

 

「猫が血混じりの下痢をしていたけど、何が原因なの?」

「猫が排便するときに痛そうに鳴いていて、便に血がついている。もしかして何かの病気?」

このような排便時の異常でお困りではありませんか?

犬と同様に猫でも病気のサインとして血便が見られることがあります。

もし猫が血便している場合、飼い主の方がチェックすべきポイントは何か、血便の原因としてどんな病気が考えられるのかなど詳しく解説したいと思います。

猫が粘液状の血便をした時のチェックポイント

血便とは、新鮮な赤い血液が糞便中に認められることを言い、結腸や直腸といった大腸(下部消化管とも言います)もしくは肛門からの出血が原因となります。
一方、口や胃、十二指腸などの上部消化管から出血が起こっている場合は、便の色は通常炭のような黒色を示し、血便ではなく「メレナ」と呼びます。
では「猫が粘液状の血便をしている」と気付いた場合、飼い主の方はその他にどんなことに注意して観察したらいいのでしょうか?

元気食欲の変化は?

血便の程度にもよりますが、元気食欲の低下を伴うことも珍しくありません。
「いつもはよく食べるドライフードは食べなくなってしまったが、美味しい缶詰ならなんとか食べている」という状態も食欲の低下と認識しましょう。

嘔吐はないか?

小腸の病気ほど多くはありませんが、大腸の病気が原因で嘔吐が見られることもあります。
元々猫は吐きやすい動物ですが、食べてからしばらく経ってからフードを嘔吐する、1日に何回も吐いているなどの症状がないか確認しましょう。

発症時期はいつ?

発症が最近突然なのか(急性経過)、2週間以上前から時折みられる症状(慢性経過)なのかによって疑う病気は変わってきます。
始めの血便がいつだったのかを確認しましょう。

排便回数は1日に何回?

また血便時には大腸性の下痢を伴うことがあるため、いつもより排便回数が多くなることがあります。
健康な時は、1日1〜2回程度だった排便回数が、血便時には1時間に2回に増加しているということも珍しくありません。
また、肛門の病気の場合は、下痢はなく排便回数は正常か、むしろ便が出しづらい(便秘)こともあります。

排便時の様子は?

肛門に異常が起きている場合は、排便時に痛みを伴うことがあります。
また、大腸性の下痢をしているときは、“しぶり”といって頻回にわたって便意をもよおすのに排便が見られないもしくは、少量しか排便しない症状が見られます。

食事の変更はないか?

突然の食事の変更が原因で腸内環境が大きく変化することも珍しくなく、その結果として血便が見られることがあります。
血便の見られたタイミングと食事の変更時期が近いかどうかを確認しましょう。

環境の変化はないか?

軽度な血便ならば、猫にとってストレスとなるような原因があった可能性が考えられます。
例えば、ペットホテルに預けたり、旅行に出かける、新しい動物を飼育しはじめたなどの環境の変化はなかったでしょうか?
このような環境の変化があったにせよ症状が重度であれば、「ストレスのせいだから」といって様子を見すぎないように注意しなければいけません。

現在内服している薬はないか?

抗生物質を投与することで腸内細菌のバランスが乱れ、嘔吐や下痢、血便といった症状が見られることもあります。
現在何か内服中の薬やサプリメントがあれば、動物病院受診時に獣医師へ申告するようにしておきましょう。

その他に注意すべきこと

異物の誤飲による消化管出血では、血便よりもメレナの方が見られやすい症状ではありますが、中には下部消化管に異物が食い込んでしまうというケースもあります。
おもちゃやヒモなど、猫が飲み込んでしまいそうなものが紛失していないか、ご自宅を一度確認してみましょう。
また、肛門の異常がある場合は、猫がお尻周りを気にして舐めているといった症状を表すこともあります。
猫が協力的であるなら、肛門周りに異常がないか確認してみるといいでしょう。

血便の原因として考えられる病気とは?

猫の血便の原因として比較的診察する機会の多い病気をピックアップして解説していきたいと思います。

感染性大腸炎

ウイルスや細菌、寄生虫の感染が原因で起こる大腸炎を感染性大腸炎といいます。

原因

猫で下痢を起こすウイルスには、コロナウイルス、猫汎白血球減少症ウイルス(猫パルボウイルス)、細菌にはクロストリジウム、サルモネラ、カンピロバクターなどが挙げられます。
また消化管に寄生する寄生虫の中でも、トリコモナスやジアルジア、コクジシウムといった原虫は重度の下痢や血便を伴うことがあります。

猫のパルボウイルス感染症(汎白血球減少症)とは?症状や治療法を解説

症状

原因に関わらず大腸炎になると、頻回の排便(しぶり)、粘液や鮮血を含む便の排泄は共通してみられる症状です。
また、元気食欲不振や嘔吐などの症状も合わせて見られることがあります。

治療

寄生虫性大腸炎であれば駆虫薬の投与を行います。
細菌性もしくはウイルス性大腸炎であればプロバイオティクスなどの整腸剤や整腸効果のある抗菌薬を投与します。
子猫や老猫で症状が重度であれば、入院下で点滴治療を行うこともあります。

炎症性腸疾患(IBD)

原因

炎症性腸疾患とは、「原因不明で慢性的に消化管粘膜に炎症が起こる病気」の総称とされています。
現時点ではこの病気を引き起こす原因が特定されていませんが、犬ではジャーマンシェパードなどの特定の犬種に好発すると知られています。

症状

この病気は大腸だけでなく小腸などの消化管にも発生するため、どの部位で強い炎症が起きているかによって症状に差はありますが、2週間以上続く下痢や嘔吐、食欲不振が主な症状です。

治療

治療の目標は、消化管の炎症を抑えることによる下痢や嘔吐の軽減、食欲を安定させ痩せさせないことになります。
治療薬としては、ステロイド剤や抗菌薬、プロバイオティクスといった整腸剤の投薬に加え、食事療法が必要となります。

大腸の悪性腫瘍

原因

消化管にできる悪性腫瘍で一番多いのがリンパ腫ですが、その他にも腺癌や肥満細胞腫などが発生することもあります。

猫の肥満細胞腫の原因や症状や治療法は?良性や悪性とは?余命はどのくらい?

猫の悪性リンパ腫の症状とは?ステージ別の余命、生存率はどのくらい?

悪性リンパ腫の猫にステロイドや抗がん剤治療の効果は?費用はどのくらいかかる?

症状

大腸炎と症状自体は似ていますが、急性経過ではなく慢性経過を示します。
特中高齢の猫で発症が多くなります。

治療

原因となる腫瘍と発生している部位がどの範囲によって異なりますが、抗癌剤や外科手術などの治療を行います。

肛門嚢炎

原因

肛門嚢とは、“肛門腺”と呼ばれる分泌腺のある袋状の器官で、肛門の4時と8時の方向に1つずつあります。
この肛門嚢に細菌が感染すると肛門嚢炎が引き起こされます。

症状

肛門の脇が赤く腫れあがって痛みが出るため、しきりにお尻を気にして舐めたり、お尻を床に擦りつけるような仕草が見られるようになります。
さらに悪化すると腫れた肛門嚢が破けて、皮膚の外に貯まった液が排泄されるようになり飼い主の方が「お尻から出血している」と気付くことになります。

治療

抗生物質の投与と、患部の洗浄を行います。

肛門にできる悪性腫瘍

原因

猫の肛門周囲には、肛門嚢腺癌(もしくは肛門嚢アポクリン腺癌)や扁平上皮癌、肥満細胞腫などの腫瘍が見られることがありますが、中でも発生頻度が高いのは肛門嚢腺癌になります。

症状

肛門に腫瘍ができると、便に血が付く、肛門周囲の腫れや出血、肛門周囲を気にするような症状、排便困難、食欲不振などの症状が見られます。

治療

積極的な治療方法としては外科手術になります。
ただし、肛門周囲にできたしこりを切除するためには「人工肛門の設置」というハードルがあるため、手術後のケアという大きな問題があります。
またすでにリンパ節に転移していることが分かっているケースでは手術が適応されないこともあります。

さいごに

子猫や老猫の血便は、その背景に重大な病気が潜んでいることがあります。
「元気だから」「まだ食欲もあるから」といってあまり様子を見ずに、できるだけ早めに動物病院を受診した方がいいでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

猫の下痢に血が混じる。血便をする原因とは?病気のサイン?

猫が鮮血の血便をしたけど原因は何?病気なの?

猫が血便をしたけど元気はあるけど原因は何?病気なの?





愛猫のために知ってほしいこと


「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」

「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。

動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。

経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-消化器の症状
-, , , ,

Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.